世界メディア・ニュースとモバイル・マネー
by jiten4ujp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2018年 08月 21日

アマゾンが台湾に開発拠点を開設!

b0316804_11595021.jpg
Forbes JAPANは2018年08月20日に、Amazon.comが台湾の台北市郊外にイノベーション・センターを開設し、地元のスタートアップ企業を支援するプロジェクトを開始していると報告した。

Amazon.comは、これにより、クラウド・サービスAWSの活用をさらに広げていきたい考えだという。


中国本土でも、アリババなどがクラウド・サービスを急成長させているが、台湾は、Amazon.com方式を支援する。

AWSはAmazon.comにとって最も収益性が高い部門となっており、2017年の第4四半期決算では前年同期比45%増のUS$51億(約5600億円)の売上を記録した。

Amazon.comがイノベーション・センターの拠点に選んだのは、テック系企業が集まる新北市であった。新北市は起業家や投資家に友好的なスタンスを打ち出しており、2011年以来、2万人の起業家が新たに流入した。

Amazon.comのイノベーション・センターではAWSに無料でアクセスできるだけでなく、Amazon.comの社員の指導も受けられる。

現地メディアによると、Amazon.comは将来的にAI(Artificial Intelligence/人工知能)のR&D拠点を台湾に設立する考えだという。IBMやGoogle、Miceosoftなどの競合も既に、AIの開発拠点を台湾に設ける計画を明かしている。優秀な人材がシリコンバレーよりも安価なコストで雇える点も台湾のメリットだという。

米国の新聞「ブルームバーグ(Bloomberg)」の報道によると、アマゾンは中国でも同様な試みを開始しており、現地のテック系人材の育成を計画しているという。Amazon.comはAlexa(アレクサ)の開発などにあたるエンジニアを、数百名規模で採用したい意向だという。

確かに、中国は広すぎ、安価なコストで雇えるが、良質なスタッフを見つけにくい!
台湾なら良質なスタッフを見つけやすい!

試作品も容易に作れる!

2018-04-04---アマゾン出店者、日本、米国、欧州などで販路拡大可能に!
2018-04-03---Amazon.com、台湾の50製品を海外で展開。


[PR]
by jiten4ujp | 2018-08-21 12:02 | 研究
2018年 08月 13日

記憶の書き換えに、マウスで成功!!?

b0316804_10220364.jpg
日経ナショナル ジオグラフィック社のNational Geographic日本語版は2018年08月11日に、神経科学者は特定の記憶に関係する脳組織の物理的な変化を指すあるひとつの記憶を「記憶痕跡(Engram/エングラム)」と呼んでいるという。

最近、脳のスキャンによって、「記憶痕跡」は脳のひとつの領域に孤立しているのではなく、神経組織に広く飛び散るように存在していることがわかった。

Engramの定義。
a hypothetical permanent change in the brain accounting for the existence of memory; a memory trace.
The memory trace, or engram , ‘feels’ like it is stored permanently in the brain and it will never be forgotten.


米国のボストン大学(Boston University)の神経科学者でナショナル・ジオグラフィック協会(National Geographic Society)が支援する研究者エクスプローラー(Explorer)でもあるスティーブ・ラミレス(Steve Ramirez)は、記憶には視覚的、聴覚的、触覚的な要素が含まれており、これらすべての領域の脳細胞から情報がもたらされる総合的なものだから、「記憶はひとつの場所というよりも、網のようなものだと思われます」と、解説している。

スティーブ・ラミレスは、米国マサチューセッツ工科大学に在学中の2013年に、研究パートナーのシュー・リューと共に、マウスの脳内でひとつの記憶痕跡を形成している細胞群を操作し、誤った記憶を作りだすことに成功した。

カナダ、トロント大学(University of Toronto)の神経科学者、シーナ・ジョゼリン(Sheena Josselyn)は、これとは別の技術を用いて、マウスから恐怖の記憶を完全に消し去ることに成功した。

マウスでの実験では、マウスの頭蓋骨を切断して神経組織をむき出しにして、脳に直接ブルーライトを照射するなどの技術が使われている。

このような研究は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やうつ病、アルツハイマーといった疾患で、記憶を書き換える治療法として、注目されているが、まるで、SF映画「フランケンシュタイン」の実験室のようである。
こうした技術が、人間に使われる見込みは薄いだろう。

2018-08-02---食肉をペットボトルでつくる世界!?
2018-07-30---京大、iPSを患者の脳に移植で、パーキンソン病治験開始。
2018-05-22---再生医療に使えるヒトES細胞を作ることに成功し、京大が初めて全国に提供へ。
2017-12-06---iPSの山中伸弥京都大学教授、富士フイルムに特許料下げ要請。
2017-11-03---中国の臓器提供数、年間で世界2位。
2017-09-11---日本で2015年に行われた体外受精は、42万4151件。
2017-08-10---ゲノム編集、ブタ内在性ウイルスのリスク除去。
2017-08-07---「ゴカイ」がヒトの代替血液に貢献の可能性!?
2017-08-01---京都大学、iPS創薬として、骨の難病で世界初の治験を開始。
2017-06-21---不妊治療として、「卵子若返り」で出産!?
2017-03-29---神経回路の回復ができない場合、脳に埋めた電極信号の活用に成功。
2017-03-28---他人のiPS細胞で作った網膜細胞で、理研は初の移植手術に成功。
2017-02-10---いよいよiPSで脊髄損傷を治療!2018年前半にも臨床研究。
2016-09-07---世界初の顔面移植患者が死去した。
2015-10-07---赤ちゃんは、自動車事故で、彼の頭が彼の背骨からはずれた。
2015-09-14---脳に直接つながっているロボットの手。
2015-09-10---頭が切られても18ヶ月間生きていたニワトリ。
2015-06-13---世界初の頭移植を試みる神経外科医。
2015-06-08---中国の外科医は、1,000の匹のネズミの頭を移植した。
2012-08-18---頭に鉄の棒が落ちてきて、刺さった男は、生きていた!


[PR]
by jiten4ujp | 2018-08-13 10:23 | 研究
2018年 08月 11日

韓国財閥ハンファの日本の子会社、日本で仮想発電所の実証実験!

b0316804_21592716.png
アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年08月09日に、韓国財閥ハンファグループ(한화그룹/Hanwha Group)の日本法人で、太陽光発電関連事業などを手掛けるハンファQセルズジャパン(Hanwha Q Cells Japan)が、日本でソフトバンクグループのVPP(Virtual Power Plant/仮想発電所/バーチャル・パワー・プラント)構築の実証実験に参画する。工場や一般家庭に散在する蓄電池や発電設備などを遠隔から統合・制御し、あたかも1つの発電所のように機能させるためのプロジェクトで、経済産業省の応募案件。外資系の太陽電池モジュールメーカーの参加は同社が初という。


ハンファQセルズジャパンは、リソース・アグリゲーターとして自社の太陽光パネルの販路を通じて実証実験に協力する一般家庭を募集。契約を結んだ家庭に設置した蓄電システムに対して、エネルギーの遠隔制御や統合管理を行う。

ソフトバンクグループの子会社の東京都港区のSBエナジー(SB Energy)がアグリゲーション・コーディネーターとして、複数のリソースアグリゲーターを管理。電力市場などでの取引を想定した実証実験を行うという仕組みになっている。

日本では2012年に開始された固定価格買取制度で、太陽光発電市場が急速に拡大。経済産業省が新築物件を対象に環境負荷を極力減らした「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」を推進していることもあり、住宅向けを中心に「エネルギー供給の主役」としての期待が高まっている。その一方で、天気によって発電量が変動するなどの課題を克服する必要性も高まっている。

多分、エネルギーの遠隔制御や統合管理にブロックチェーンを利用することだろう。

さらに、ソフトバンクは、インドで太陽光発電のインフラで提携していることから、有効に統合管理すると、再生可能エネルギーを最大限に活用できるようになることだろう。

以前も書いたが、化石燃料をそのまま燃やす時代から、3Dプリンター用のマテリアルとして利用するなど、膨大な無駄が削減できるようになる。

2018-07-31---ソフトバンクは、「データ経済圏」でGAFAに挑む!
2018-05-28---ソフトバンク、インドで太陽光で地場インフラと提携。


[PR]
by jiten4ujp | 2018-08-11 22:01 | 研究